相互RSS

    2017年02月

    1: 名無しさん 2017/02/27(月) 17:37:40.57 ID:CAP_USER
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1046447.html
    no title


    ソニーモバイルコミュケーションズ株式会社(以下ソニーモバイル)は、
    スペイン共和国バルセロナ市で開催中のMWC(Mobile World Congress) 2017の会場で記者会見を開催し、スマートフォン製品を発表した。

     発表されたのはQualcommが10nmプロセスルールで製造する最新SoC「Snapdragon 835」を搭載し、
    世界初とされる4K HDRの5.5型ディスプレイを採用した「Xperia XZ Premium」、Snapdragon 820を搭載した
    「Xperia XZs」、5型ディスプレイの「Xperia XA1」、6型ディスプレイの「Xperia XA1 Ultra」の4製品だ。

    Xperia XZ Premiumは5.5型/4K HDRパネルとSnapdragon 835を搭載
     「Xperia XZ」の後継製品として発表されたXperia XZ Premiumは、SoCをSnapdragon 835に強化。
    Snapdragon 835は、2017年1月のCESで発表された最新SoCで、10nmプロセスルールで製造され、CPU/GPUともに性能が向上している。

     内蔵されているLTEモデムも「Snapdragon X16 LTE modem」に強化されており、下りがLTE-AのCAT.16、
    上りがCAT.13に対応。これにより、4x20MHzのキャリアアグリゲーション、256ーQAMの場合、
    1Gbpsの下り転送速度で通信することが可能になっている。Xperia XZはこの1Gbpsの下り速度の通信モードに対応している。

     なお、日本国内では、現在3xCAが始まったばかりの段階で、4xCAというのはまだサービスが行なわれていない。
    日本でXperia XZ Premiumが販売されても、1Gbpsが利用できるというわけではないが、
    将来的にサービスが開始されれば利用できる可能性がある。
     ディスプレイもXperia XZ Premiumの大きな特徴で、従来のXperia XZが5.2型/フルHD(1,920×1,080ドット)であったのに対して、
    Xperia XZ Premiumでは5.5型と大型化され、かつ解像度も4Kに向上している。さらに、同社によればスマートフォンとしては
    世界発となる4K HDR(High Dynamic Range)に対応。より広い輝度情報を扱うことが可能で、
    広域の色域に対応することで色表現が豊かになっており、動画再生時などにより奥行き感、立体感がある映像を表現できるという。

     カメラも大きな強化点で、ソニーの新CMOSイメージセンサーExmor RS for Mobile(約1.900万画素)を採用した
    「Motion Eye」と呼ばれるメインカメラを搭載している。最大960fpsのスーパースローモーション機能、
    最大で4フレーム分の画像をバッファリングすることでシャッターが押される直前の画像を記録して決定的な瞬間を逃さない
    Predictive Capture機能などを備えている。

     カラーバリエーションは鏡面仕上げのルミナスクロム、深みのあるディープシーンブラックの2色展開となる。


    【ソニーモバイル、世界初4K HDR液晶の「Xperia XZ Premium」を発表】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/24(金) 08:10:32.45 ID:CAP_USER
    http://diamond.jp/articles/-/119150


    2月24日、月末の金曜日に早期退社を促す「プレミアムフライデー」がいよいよ始まる。旅行業界や外食業界などで個人消費が増えて、
    経済が活性化するとされているが、意外にもオフィス街の飲食店では、「大迷惑」という怒りや不安の声が大きい。(ダイヤモンド・オンライン編集部?山本猛嗣)

    プレミアムフライデーは
    「血の金曜日」
     「プレミアムフライデーなんて凄い迷惑」「なんで月末の金曜日なんかにやるのか、非常に腹立たしい」
    「我々にとっては『血の金曜日』だ」……など、東京都内のオフィス街の飲食店のオーナーからは「プレミアムフライデー」に対する“恨み節”や不安視する声が絶えない。

     「プレミアムフライデー」とは、毎月末の金曜日午後3時前後の早期時間帯に退社を促す取り組みだ。
    経済産業省が「旗振り役」となっており、官民でつくる協議会が設置されて、今年2月24日に初めて導入される。
     働く人は早く退社することができ、旅行などのレジャーや食事を楽しめる。このため、個人消費が増え、
    経済が活性化することが期待されている。本来ならば飲食店、つまり外食産業にとっては大きなプラスになるはずである。
     それなのに、なぜ、オフィス街の飲食店はプレミアムフライデーに対してネガティブな見方をしているのだろうか。

     実際、関係者に聞いてみると、その理由は非常に明白かつ自然なものだった。「プレミアムフライデーはむしろ、大幅な売上減につながる恐れが大きい」からだ。

    外食業界に詳しい外食広報会の栗田朋一代表は「午後3時に会社が終わったら、すぐ飲みに行こうなんて人はいるはずもなく
    、家族がいる人なら帰ってしまいます。土日を合わせて旅行する人もいるでしょうし、たくさん食材を買ってきて、
    ホームパーティをやる人も多いと思います。いずれにしても会社近くの飲食店は『素通りしてしまう』と危機感を持っているのです」と説明する。

    月末の金曜日は「稼ぎ時」
    1.5倍の売上が吹っ飛ぶ?
     特にオフィス街の飲食店にとっては、今月末の金曜日は多くの会社が「給料日」ということもあり、「稼ぎ時」である。
    本来ならば、通常日の1.5倍以上の売上が見込めるという。仮に、それが大幅に減るとなれば、衝撃が大きいのも納得できる説明である。
     特に、都内の丸の内、大手町、京橋、日本橋、銀座周辺の飲食店では、危機感が強い。というのも、
    政府のイベントや活動に協力的な経団連に所属する大企業の客が多いからだ。
     実際、「金曜の夜、普通に営業していれば客は来るのに、政府は何てことしやがるんだ!」「何で月曜にやってくれないの?」との本音の声が聞こえている。
     そのせいか、オフィス街の飲食店によるプレミアムフライデーのイベントを見ると、あの手この手で『逃げる客』を引き止めようとする“努力”が垣間見られる。

    あの手この手のイベントで
    顧客を引き止める
     その多くは特別な割引メニューの設定などだが、通常は2~3時間程度の飲み放題メニューを6時間に延長する店もある。
    なかには食事の前にビジネス交流会などのイベント設ける店も。「要は、食事には早い午後3~6時の時間帯をどうにかして、
    その後の飲食につなげる仕掛けができればいいんです。この時間帯で、ブライダル相談会、料理教室、焼き鳥を焼く体験などの準備をしている店もあります」(栗田氏)。
     さて、実際はどうなるのか。そこは蓋を開けてみなければ、わからない。
     カギを握る「客」側であるオフィス街の会社員に聞いてみると、
    「月末の忙しい時期にそんなに早くは帰れない。プレミアムフライデーはおそらく定着しないだろう」(40代、金融)、
    「早く帰ってもやることもない。家族からは煙たがれるだけなので、いつも通りに働く」(50代、製薬)などの声も聞こえてくる。
     ある店主の「(売上減が)杞憂に終わってくれれば、ありがたい」という声が印象的だった。


    【ついに今日はプレミアムフライデー!みんな今日は早く帰れよ】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/23(木) 10:54:18.37 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/23/news060.html

    米AMDは2月22日(現地時間)、デスクトップPC向け新プロセッサ「Ryzen 7」を発表した。
    同日180以上の地域で予約を開始した(リストに日本はない)。発売は3月2日。

    Ryzenは、同社のコアアーキテクチャ「Zen」を採用するPC向けプロセッサのブランド名。Ryzen 7はその第1弾になる。

     同プロセッサの発表イベントで、リサ・スーCEOは、Ryzen 7は従来のExcavatorアーキテクチャ採用プロセッサ
    と比較してIPC(クロックあたりの命令実行数)が52%向上したと語った。

    最大8コアの16スレッドで動作する。ベンチマークテストの結果では、フラッグシップである
    「Ryzen 7 1800X」(3.6GHz)は米Intelの8コア16スレッドプロセッサ「Core i7-6900K」より高性能だったという。

     Ryzen 7 1800Xの米国での指示価格は499ドル。Core i7-6900Kの推奨小売価格の1089~1109ドルの半額以下だ。


    【AMD、“Intel i7より高性能で価格半額”「Ryzen 7」を3月2日発売へ】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/20(月) 22:53:49.85 ID:nhmMvuHLr
    ニンドリフラゲより

    https://twitter.com/gameryou2/status/833628061060915201
    Switchのロンチタイトルとしてダウンロード専用でオセロ、
    新大開拓時代 ~街をつくろう~がそれぞれ配信へ #ニンドリ


    【Switchロンチタイトルが2タイトル追加!あの定番ゲームもラインナップ入り】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/17(金) 12:56:42.69 ID:CAP_USER
    http://diamond.jp/articles/-/118342

    今、20代の世帯における固定電話の保有率は、11%まで下がっている。
    固定電話は昔から当たり前のように家の中にあったので、誰も気にしていなかったが、2005年に初めて調べてみたら、
    その時点での保有率は全世帯ですでに91%に下がっていたという。総務省の「通信利用動向調査」でわかったデータだ。
     その後、毎年のように数字は下がっていき、最新のデータでは、固定電話の世帯保有率が76%にまで下がっている。
    冒頭で述べたように、中でも非保有率が突出している
    20代の世帯では保有率が11%になってしまった。30代の世帯でも49%と保有率は半分を割っている。若者からすれば、スマホがあるから固定電話は要らないのだ。


     一方で、筆者のような50歳以上の世帯では、固定電話の保有率はいまだ9割のラインで高止まりしている。
    その理由はというと「何もない」。確かに「なぜ我が家に固定電話があるのか?」と聞かれても、それに理由はないのだ。
     念のため、自分の昨年1年間の電話代を調べてみたら、毎月の固定電話代はほぼ2300円前後でほとんど変わっておらず、
    3ヵ月くらいだけ2600円近辺の支払いになっていた。携帯電話に通話量無料プランがついているので、電話をかけるときに固定電話を使う機会はほとんどない。
     結局、固定電話はファクスを送るとき、自宅に電話がかかってくるときだけしか使わないのだが、
    そのかかってくる電話も知り合いからという場合はまったくなくなった。かかってくる電話は間違いなく、
    何らかのセールスの電話ばかりだ。だから我が家の電話は、常に留守番電話になっている。

    (続きはサイトで)


    【若者の固定電話離れが深刻に 「スマホがあれば要らない」】の続きを読む

    このページのトップヘ